asinioikakusitukea
足の臭いを消すための角質ケアを!

足の臭いを予防する上で、みなさんはどんな方法を用いているのでしょうか?
角質ケア、水虫治療への専念、足浴など、足の状態に応じた予防法を講じていることと思います。

ここでは、周囲に不愉快な臭いを与えないように基本的な予防ケアをいくつかご紹介します。

角質ケアでの予防法

asinioikakea足の裏というのは他の部位の皮膚よりも、少し硬めですよね?
普段、立つ仕事の多い人のほとんどは足の裏が非常に硬くなっていると思います。

それは、立位している時の足の裏に人間の体重がもっとも掛かる部位なので皮膚が肥厚するのです。

そもそも足の皮膚は外部からの刺激や乾燥を防ぐために、人間の防御機能として角質を厚くさせる働きがあります。

しかし、皮膚の肥厚が想定外を超えると皮膚の新陳代謝が低下しやすいという欠点も生じてきます。

足裏がそんな状態に陥ると、古くなった角質が蓄積されやすくなるわけです。
この古い角質には雑菌のエサが宝庫にあるため、雑菌が繁殖し臭いの原因となります。

しかも一度肥厚した角質って、実に取れにくいという難点もあります。

したがって肥厚した角質が原因で臭ってくるので、それを予防するための角質ケアが必要になってきます。

角質ケアへのオススメの手順方法は、次の3STEPです。

step1 古い角質を柔らかくする!

足浴やお風呂で足の角質を柔らかくします。
その時に古い角質をしっかり落とす効果のある石鹸、例えば渋柿石鹸や炭配合の石鹸を使うといいでしょう。

これらの石鹸には、足の臭いを防ぐ効果のある成分が含まれているので、人気になっています。

STEP2 専用のアイテムで角質を削る!

入浴後、水分をこまめに拭き取ったら、かかと専用の軽石やヤスリで優しく古い角質を落とします。
あまりにやり過ぎると皮膚に傷がついたり、逆に皮膚が硬くなるなどの問題が起こる可能性もありますので、適度を守りましょう。

また、かかとが濡れた状態でのヤスリ使用はかえって皮膚を傷めやすいので厳禁です!

STEP3 仕上げにたっぷりの保湿を!

角質を削るケアをした後はスキンケアクリームでケアしてあげることも忘れずに。
オススメは尿素配合クリームか馬油です。

 
以上のこのSTEP3が足の臭いを予防する上での基本的なケアです。

入浴中や家でのんびりしている時に、自分でできる角質ケアで少しずつ除去していけば、自然と足の臭いの予防ケアにつながるでしょう。

面倒な角質ケアに抵抗がある、または専用のヤスリで削るのに抵抗がある方は、足裏に貼って角質を柔らかくして優しく古い角質を落とす商品もあります。
よく売れているのは、”ベビーフット”という商品です。
これはお手軽に足の裏の角質ケアができますので、ズボラな人にとっては大助かりのアイテムでしょう。